スポンサーリンク

Foreign Ororo / Riton & Kah-Lo (2018) レビュー

Music
Foreign Ororo / Riton & Kah-Lo (2018)

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」、栄えある第1位は、イギリス出身のトラック・メイカー、Riton こと Henry Smithson と、ナイジェリア出身のシンガー・ソングライター、Kah-Lo こと Faridah Seriki のコラボ作に!!ハウス!!

 

スポンサーリンク

Riton & Kah-Lo とは

Riton こと Henry Smithson は、近くは、フランスの ED BANGER RECORDS からリリースしてたりする、ハウス〜ベース・ミュージック系のトラック・メイカーです。

今回調べてて初めて知ったんだけど、ベルギーの Soulwax の2人と Die Verboten なるバンドを組むものの頓挫した、、という話もあったとのこと。

Soulwax は、別名義の 2manydjs 含め、何回かライヴ/DJ を聴きにも行ってますし、2013年の SONIC MANIA では ED BANGER RECORDS の10周年コラボ・ステージもあったんですが、私、そこにも参戦してますし、元々、私の好みの近くにいた人だった(笑)みたいですね。

 

その彼がNYにいた際に、知り合ったのが、ナイジェリアの シンガー・ソングライター、Kah-Lo こと Faridah Seriki。

 

この2人で組んだシングル「Rinse & Repeat」が、いきなり、2016年のグラミーの「ベスト・ダンス・レコーディング部門」にノミネートされる、、という、互いのキャリアの中で、1番の「結果」が叩き出されました。

 

「Rinse & Repeat」。2016年。この時点では Riton 名義で Kah-Lo が feat ですね。
Riton – Rinse & Repeat (Official Video) ft. Kah-Lo
まあ、普通にハウスなんですが、ベースの節回しにカリンバの風味を感じるのと、Kah-Lo のフロウの揺らぎに感じられるアフリカ感が妙味。

 

これで「行ける!」ということになったんでしょう。

2018年、Riton & Kah-Lo と、ちゃんと2人の名義でのアルバムのリリースとなりました。

(この「Rinse & Repeat」は、アルバム、ど頭の①にも収録されています!)

 

「Foreign Ororo」のサウンド

アルバムは、ヒットした「Rinse & Repeat」よりも、もっとカラフルで楽しい内容に!

 

「ピリッとした、イケてるやつはいないの?」④「Ginger」。
Riton, Kah-Lo – Ginger (Official Video)
カラフル!ダンスの楽しさ!
そして、途中の心臓マッサージが、腹押しにしかなってない!(爆)とか、ビリビリ演出のいなたいゆるさとか。
最高!(笑)

 

②「Fake I.D.」。
Riton & Kah-Lo – Fake I.D. (Official Video)
偽IDで遊びに行こう!未成年でも遊び行きたいよね(笑)。
途中の肉焼いてるのとか、いいよねー(笑)。

 

⑬「Money feat. Kal-Lo, Mr Eazi, Davido」。単曲としては Riton 名義。
Riton – Money (Official Video) ft. Kah-Lo, Mr Eazi, Davido
みんな欲しいのは金ー金ー。(太陽燦々なとこに住むためにね。)
私が必要なのは金ー金ー。(それで、自分自身を「風変わり」にしとけるんだ。)
「風変わり」ってのは「自分らしくある」ってことよねー。
アフリカンなコーラス・ワークも美しく。
リズム的には、せいぜい3連入ってるくらいで、もろにアフロなビートだったり、ポリリズムが入ったりは全くなく、実にシンプル。
まあ、歌い手さんはナイジェリアの方だけど、ビートメイカーはイギリスの人だしね。

これはこれで、いい意味で分かりやすくて、いいっすね。

 

⑤「Fasta feat Riton」。こちらは Kah-Lo 名義で Riton がfeat。の BBC Live のVerを。
Kah-Lo – Fasta (Live)
「ドラムのビートを見せてよ。」
力の抜け具合が、ほんといいなー。

 

「Foreign Ororo」まとめ

とにかく、明るい!楽しい!!(笑)

 

で、ちょっと「悪い」感じ(笑)も入ってるじゃないすか。

「遊んでるなー」っつー感じで。

でも、みんないいやつなんすよ、基本(爆)。

 

こういうことですよね、求めてんの(笑)。

だからクラブ行くんだし。自分で回してみたりねー。

 

で、言ってること、生きる上の非常にシンプルな話でさー。

 

ちょっとピリッとした楽しいやつと遊びに行ってー。

ビートがあってー、あと金もいるなー(笑)。

で、明るく、体を揺らして楽しむだけー。っていうねー。

 

俺、こんだけでいいなー(←ばか(笑)。)いやマジで(笑)。

 

という、1位!(笑)

*第2位はこちら!
3 / Sweet Robots Against The Machine (2018) レビュー
第2位! 「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25 総合ページ」はこちら!
Myunsic Re/cords が選ぶ「2018年の年間ベスト・アルバム TOP25」
年末ということで、今年も各媒体の「年間ベスト・アルバム」発表のシーズンですが、うちも「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」をランキング形式で発表していきます!! 記念すべき音楽ネタの第一...

 

Music
スポンサーリンク
みゅんをフォローする
スポンサーリンク
Colours of Groove – Myunsic Re/cords Reviews
タイトルとURLをコピーしました