スポンサーリンク

Clean / Soccer Mommy (2018) レビュー

Music

Clean / Soccer Mommy (2018)

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」第18位!

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25 総合ページ」はこちら!
Myunsic Re/cords が選ぶ「2018年の年間ベスト・アルバム TOP25」
年末ということで、今年も各媒体の「年間ベスト・アルバム」発表のシーズンですが、うちも「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」をランキング形式で発表していきます!! 記念すべき音楽ネタの第一...

 

アメリカ、テネシー州ナッシュビルを拠点とする、シンガー・ソングライター、Sophie Allison のプロジェクト、 Soccer Mommy の1stアルバム。

bandcamp に曲を上げていたところからフックアップされてのデビュー。

ナッシュビルと言えばカントリーの一大中心地ですからねー。ちょっと意外なところから、こういったインディーなサウンドの良作が出てきました。

 

スポンサーリンク

Soccer Mommy とは

私が彼女を初めて聴いたのは、2017年のデビュー・ミニアルバム「Collection」。

Collection / Soccer Mommy (2017)

内容的には全くノー・インフォメーションだったんだけど、「宅録女子感」(笑)を感じて「ジャケ買い」し。(←実際には「ジャケ・ダウンロード」ですけど。)まあ、当たりでした(笑)。

(ちなみに、この「Collection」が30分弱で「ミニ・アルバム」。今回18位の「Clean」が35分で「アルバム」(笑)。データ中心になって、リリースの「形状」の意味が、もう失われてますね、、泣)。

 

その1作目は、こんな感じ。

⑥「Inside Out」。進学でニューヨークに上京しての作品。
Soccer Mommy – Inside Out
雰囲気はこの時点で、ちゃんと固まってますね。まだ、プロダクションが素朴ですけど。

 

「Clean」のサウンド

で、その次作となる1st アルバムでは、War On Drugs や Deerhunter なども手がけてきたGabe Wax がプロデュースを手がけているんだけど、彼が非常に良い仕事をしているのが、今作の成功に繋がっていると思う。(私の評価ポイントは、彼の手によるところが非常に大きいですね。)

聴取環境が悪いと気がつきにくいかもですが、パッと聴きは、彼女の出自であるベッド・ルーム制作の「ローファイ」な印象を残しながら、実はサウンドの分離から素晴らしく、特にミニ・アルバムの時点では無かった、ベースを活かした楽曲のアレンジも相まって、より「バンドらしい」サウンドとして、明らかに作品のグレードを上げています。

 

③「Your Dog」。
Soccer Mommy – Your Dog (Official Video)
元々のイメージの、宅録、ローファイなオルタナ、、のイメージ自体は崩すことなく高音質化。
「高音質なローファイ」という語義矛盾を実現(笑)。(←まあ、今では普通に「現代的な音」として標準的とは言え。)
良い仕事をしてますねー。

 

アルバム冒頭の曲から、サウンド的に面白い実験もしていて。

①「Still Clean」。
Soccer Mommy – Still Clean (Official Audio)
3:13からの展開に注目!

非常にローファイな印象を与えながらも、オルガンのサウンドの配置、分離の良さなど、実はハイファイなのである、、というプロダクションの素晴らしさもさることながら、3:13からデモ・テープのような本当に音質が悪いサウンドに、ガクッと切り替わってドキッとさせられます。

これも、元々、彼女の出自がどこにあるのかを明確にプレゼンしようという、Gabe Wax の計らい。いいですね。

(星野源の「アイデア」でも、後半に弾き語りの音にガクッと変化するパートがありましたけど、あれも彼の「出」がギター弾き語りであることを明確に示している、ということで、同じような「アイデア」でしたね。)

 

続く②「Cool」。
Soccer Mommy – Cool (Official Music Video)
ラストのギターのピッチが落ちる感じなど、Gabe Wax による、地味ーな工夫が面白い。

 

23位の Mitski のオープニング・アクトや、16位の Kacey Musgraves とツアーも回ったりと活動も広まって来ています。

明日の1月10日は、渋谷WWWで来日公演ですしね。(←休み、取り損ねたー、、泣)。

 

⑧「Scorpio Rising」。
Soccer Mommy – Scorpio Rising
下北の「440」とかでやっててもおかしくない音よね(笑)。

「Clean」まとめ

19位の Snail Mail と18位の Soccer Mommy を並べたのは意図的で、両方とも略すと「SM」だから!、、というのは嘘で(笑)、、2018年は女性SSWの作品が本当に豊作だったんだけど、その最良の作品が、私の中の「全体感」では「この辺」かなー、というところです。

Snail Mail と比べて、サウンドのプロダクションの作り込み、アレンジの素晴らしさで Soccer Mommy の方を上に。声の好みもありますけど(笑)。

 

大きく見て「同系統」(=女性SSW)の Mitski が23位と少し下になっちゃいましたが、この3つで言うと、作品自体の出来栄えは Mitski が1番だと思います。

楽曲のクォリティ自体もそうですし、曲の振り幅の広さ、プロダクション面で言ってもそうですね。

ただ、暗い曲が多い、、と言う、「好み」の1点で差が出てしまった次第です、、(泣)。

 

私、DJでの選曲もそうなんですが、「メランコリィ」くらいのものまではギリギリOKとしても、「暗い」の、かけないんですよね。基本。

常に「にゃんにゃーん」って思ってるんで(←バカ・笑)、日々の生活/人生の中で、「暗い」のを聴くタイミングが、今は全然なくてねー。

(学生の頃は「暗い」の、めちゃ聴いてましたよー!「混乱こそ我が墓碑銘!」(爆)とか言って喜んでたんですから!←中2病・笑。 )

 

ちなみに、両 SM(笑)ともに、アヴちゃん(←Avril Lavigne)から多大な影響を受けてる、と言ってるところが面白いですね。

メジャーど真ん中のアヴちゃんを聴いてた子たちが、こういうインディなサウンドに行き着くってのが、人生の面白さというものです。アヴちゃんのチームも良い仕事をした!(泣)

 

その後、Sophie さん、音楽に専念するために大学を辞めて、NYからナッシュビルに戻ったのこと。

まだ20歳ですからねー。

彼女も次回作の展開に期待したいところです。

 

*第17位はこちら!
Camila / Camila Cabello (2018) レビュー
第17位! 「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」
*第19位はこちら!
Lush / Snail Mail (2018) レビュー
第19位! 「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25 総合ページ」はこちら!
Myunsic Re/cords が選ぶ「2018年の年間ベスト・アルバム TOP25」
年末ということで、今年も各媒体の「年間ベスト・アルバム」発表のシーズンですが、うちも「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」をランキング形式で発表していきます!! 記念すべき音楽ネタの第一...

 

タイトルとURLをコピーしました