スポンサーリンク

Tranquility Base Hotel & Casino / Arctic Monkeys (2018) レビュー

Music
 Tranquility Base Hotel & Casino / Arctic Monkeys (2018)

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」第21位!

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25 総合ページ」はこちら!
Myunsic Re/cords が選ぶ「2018年の年間ベスト・アルバム TOP25」
年末ということで、今年も各媒体の「年間ベスト・アルバム」発表のシーズンですが、うちも「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」をランキング形式で発表していきます!! 記念すべき音楽ネタの第一...

 

Travi$ Scott と入れ替えで、1ランク・ダウン!

25位から22位まで、すべて女性アーティストが続く中、初の男性登場!

 

イギリスはシェフィールドのArctic Monkeys 5年振りの6作目は、これまでのトレードマークだった、ビッグなギターリフを捨て「問題作」と言われていますが、Myunsic Re/cords での評価はいかに!って、21位です!!(笑)

 

スポンサーリンク

Arctic Monkeys とは

アメリカの The Strokes と並んで、いわゆる「ガレージ・ロック・リヴァイヴァル」の代表的なバンドの1つですね。2006年デビュー。

 

「ガレージ・ロック・リヴァイヴァル」とは、60年代的なリフを中心にしたシンプルなロックの復権を謳ったムーヴメントで、00年代初頭に大変に人気でした。

当時は、チャートでも R&B、HIP HOP勢が台頭しており、それに対する「カウンター」を担うポジションとして、メディアでももてはやされてましたね。

 

当時、私自身としては、むしろクラブ・ミュージック側が主戦場になっていた時期でもあり、この辺のバンドも職業柄、一応聴いてはいましたが、全然ハマることが無かったあたりだったりします。

これ聴くんだったら60年代のものにするし、クラブ・ミュージックの方が、より先端的な実験をポップ・フィールドで実践してるわ。というのが、当時の私の感じ方ですかね(笑)。

 

まだ、音楽ジャンルやスタイルに「派閥」的なものが残っていた最後の時代ですかねー。

私個人の歴史で言えば、人生の中でも一番 Rock的な音から離れていた時期かもしれないですね。

 

その後、良い方向としては、フェス文化を含め、ジャンル関係なしに「なんでも楽しむ」文化が広まったり、他方、悪く働いてしまったラインとしては、ネットの本格的な普及により、各ジャンルの「タコツボ化」が進み、自分の興味のあるものは聴くが、知らんものは知らなくていい、、という「隣人に対する無関心化」も一般化し、(少なくとも、音楽の趣味としての)「派閥」的な発想が「解体」して十数年、、というのが2019年の「なう」なのだと思います。
(その「境目」を、私は、だいたい2005年あたりに置いていたりします。)
「派閥」があったことが「良かった」訳では全然無いですし、これに関しては、単純に「どっちの時代が良かった」的なことでは無いですけどね。ただまあ、「対立」があるからには、良くも悪くも「他者に対する関心」はあった訳で、隣人の存在に意識的、無意識的に、はなから「気が付こうともしない」ような「無関心」という姿勢の一定の広がりに対しては、昨今の「対立」「分断」の広がりに対してと同様に、ある種の危機感を持ってます。音楽には、時代を先取りして「ことが動く」素晴らしい性質があるので、そこから、しっかり学んでいきたいところです。(その「可能性」を「フェスに見る」だけで終わっちゃうような、「ぬるい」話にもならないように、、。)「対立」と「無関心」、双方の超克。

 

、、えー(笑)、話を戻しますと、00年代初頭に急速に台頭してきたR&BやHIP HOPに対して「対抗」する必要性が Rock界にあり、「ガレージ・ロック・リヴァイヴァル」ムーヴメントが発生し、そのイギリス代表の位置に立っていたのが彼らだ、ということになります。

 

こんなんです。

2006年のデビュー作より。売れましたよねー。
Arctic Monkeys – I Bet You Look Good On The Dancefloor (Official Video)
当時、私自身、全然反応しなかったんだけど、今聴くとむしろ普通にいいな(爆)。

 

その後も、サウンドが重たくなったり、アルバムごとに多少の変化はありつつも、ギターのリフを中心としたバンド・サウンドにアイデンティティを持ったグループとして十数年、来ていた訳です。

 

5年前の前作からも聴いておきましょうか。

この記事を書いている2019年1月時点で、再生回数8億回っすよ!
グラミー賞にもノミネートされましたし、デビュー10年を超えて「一皮向けた」作品でしたね。
ロンドン・オリンピックの開会式でも演奏してますからねー。
Arctic Monkeys – Do I Wanna Know? (Official Video)
ビートが重くなって好きですねー。「ギター中心」の構成は変わらず。

 

でまあ、今回も、その流れのままでしたら、私もTOP25に入れることも無かったのでしょうが、6枚目にして、全くと言っていいほどサウンドを変えてきました!

 

「Tranquility Base Hotel & Casino」のサウンド

ピアノから始まる段階で驚く訳ですが。
Arctic Monkeys – Four Out Of Five (Official Video)
ヴォーカルが、デヴィッド・ボウイっぽいなー。

 

で、アルバム・タイトル曲は、こんな感じ。

Arctic Monkeys – Tranquility Base Hotel & Casino (Official Video)

まあ、大人になりましたよね(笑)。

 

これまで、ライブ栄えするような、いわゆるキラー・チューンを中心に据えたアルバム構成が多かった彼らですが、今回は、そういう目立つ曲もなく、アルバムを通して、このトーンで進む訳ですよ。

そして、賛否両論、、というか、既存ファンからは、盛大にブーイングが出てましたね。

いわく「ロックじゃない!」「ロックを捨てた!」とか「ラウンジ趣味の変な作品」とか、、。
ロック観が狭い。幼い(泣)。
(「ロックンロールじゃない!」っつーんなら、まあ、分かるけどね。)

 

「変化」に対する賛否

私は、この変化、完全に「賛」です!!

要するに、60年代的なサウンドのトータル・アルバムになってるんですよね。

で、ヴォーカルの雰囲気なんかは David Bowieとか Nick Cave のスタイル。

私なんかには、むしろ、正当にブリティッシュ・ロックの系統を継いだサウンドにしか聴こえないんですけれども(笑)。

しかも、それを「今」やる!(笑)
好物です(笑)。

 

Beach Boysの「Pet Sounds」もろ(笑)の ⑦「The World’s First Ever Monster Truck Front Flip」。
Arctic Monkeys – The World's First Ever Monster Truck Front Flip (Official Audio)
「渋谷系」並みの「まんま引用」が、もはや笑えます(笑)。素敵。

 

中期 The Beatles 感バリバリの ⑨「She Looks Like Fun」。
Arctic Monkeys – She Looks Like Fun (Official Audio)
「White Album」ですか?というサウンド(笑)。「Magical Mystery Tour」のフレーズもまんま入ってるし(泣)。

 

「Tranquility Base Hotel & Casino」まとめ

Alex君も、もう30過ぎてますからね。

ハタチの時と変わらずで「工業都市の生活がつまんねー」とか「ナイトクラブを追ん出されてー」とか、もうやらないでしょ(笑)。ただ同じことを繰り返さないのが、成長というものです。

BPMゆっくりなのも好き(←オトナ!・笑)。

 

今回、作曲をギターでは行わず、初めてピアノに切り替えたとのこと。正解でした!(笑)

41分弱のプレイタイムも良し。

断然、支持します!!
(まあ、好みで言えば、もっと明るい方が嬉しんだけどさー・泣。)

 

PS. 順位変更の経緯

さてさて、60年代のサウンドでトータル・アルバム、ということで、とても好きな要素満載で、最初20位に置いていたんだけど、記事を書いている中で、元々1個前の21位だったTravi$ Scott を1つ上に上げることにしました。

 

両方、トータルなサウンド・イメージがあって(Travi$のはコンセプト・アルバムだし)、サウンドに革新性がある、という共通点があって、共に非常に私好みの「挑戦」をしている作品なんだけど、、こっちの Arctics の方は、彼らのキャリアから言っても、時代の中で言っても十分に革新的とは言え、その革新性は、あくまで「Rock界」の中に留まっているように感じるのよね。

いわば「Rock 界の新古典主義」(笑)。

ビートにHIP HOP の影響が、、とか言われても、そこまでもろにHIP HOPな訳ではないしね。

 

そういう意味では、Travi$ のには(まあ、参加メンバーの力も大きいんだけど)、より多様な「今」の要素がふんだんに詰まっていて、実際に「新しい音」なのは Travi$ の方だなあ。と。

 

両方とも大好きなのは変わんないんですが、以上の理由で、小さく(笑)順位が変動した次第です!(笑)

 

*第20位はこちら!
Astroworld / Travi$ Scott (2018) レビュー
第20位! 「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」
*第22位はこちら!
Chris / Christine and the Queens (2018) レビュー
第22位! 「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」

 

「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25 総合ページ」はこちら!
Myunsic Re/cords が選ぶ「2018年の年間ベスト・アルバム TOP25」
年末ということで、今年も各媒体の「年間ベスト・アルバム」発表のシーズンですが、うちも「Myunsic Re/cordsが選ぶ、2018年の年間ベスト・アルバムTOP25」をランキング形式で発表していきます!! 記念すべき音楽ネタの第一...

 

タイトルとURLをコピーしました