スポンサーリンク

【Events】SAISON ROUGE レセプションパーティ @ TRUNK (HOTEL)

Live / Events

10月17日(木)はお休みだったのですが、前日からの仕事を朝8時に終えた後から、そのままお友達と深夜まで遊んでおりました、みゅんです。計30時間ほど、ぶっ続けで活動(笑)。

あちこち移動した中で、偶然にも素敵なイベントに行き当たりまして、とても心地良い時間をすごさせてもらうことができました。

今回は、東京とパリの「二都市の文化を繋ぐイベント」Saison Rouge(セゾン・ルージュ)の初日のレセプションパーティ@TRUNK(HOTEL)(渋谷)について、そして、21日(日)まで続く、このイベントについて、ご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

その週末、東京がパリになる。~ Saison Rouge 概要

2018年、東京都、パリ市、アンスティチュ・フランセが協力し、「パリ東京文化タンデム2018」事業を実施します。「文化タンデム」とは、パリ市が姉妹友好都市と行う文化交流事業です。「Saison Rouge ~Weekend in Paris-Tokyo」はこの文化タンデムの一環として代官山・渋谷エリアを中心に開催され、音楽、映画、ダンス、グルメなど多彩なイベントを家族や友人と共に楽しむことができる複合的イベントです。

公式HPより( http://saison-rouge.com/

フランスとの文化交流イベントですね。

開催は10月17日(木)から21日(日)まで。
映画の上映やダンスのセッション、音楽のライヴなど、さまざまなイベントが行われ、ジャンルの垣根を越えて、「アーティストや観客、そしてアート、イベントが、互いにインスパイアし合うようなプログラム」ということです。

主催として「在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、株式会社エフ・イー・ユー、株式会社ランブリング・レコーズ」という名前が並んでおります。

 

余談ですが、わたくし、ランブリング・レコーズさんから出ている、とあるコンピレーションのシリーズの選曲補佐をさせていただいたことがありまして、そのCDの「Special Thanks」か何かの欄にクレジットされてたりします。「みゅん」じゃなくて本名で、ですけど(笑)。、、という、不思議な縁もあったり。

 

このイベントの初日のレセプションパーティが、渋谷のTRUNK(HOTEL)で開催され、そこにちょうど良く、偶然にも、まぎれ込んできたというわけです(笑)。

 

Saison Rouge レセプションパーティ @ TRUNK(HOTEL)

純粋にドリンクと語らいの場所を求めて(笑)、TRUNK(HOTEL)さんのバーにお邪魔したんですが、奥にDJブースやローズ(←電子ピアノ)などが置いてあり、「これは、なんかやるね」という、うっすらとした期待感と共に飲んでいたところ、おもむろにリハ開始。(その時点でも、なんのイベントの場にいるのかすら、把握していなかった私たち(笑)。演奏中に検索して、ようやく何の現場にいるのかを把握したのでした。)

というわけで、この日、出演された3アーティストをご紹介します。(もちろん、みなさんフランスの方々です。)

Myth Syzer & Bonnie Banane

イベントは、Myth Syzer のDJからスタート。

もともとトラックメーカーからキャリアを始め、Bon Gaminというヒップホップのクルーを結成。その後、ラッパーとしても頭角を現し、多角的に活躍中、、という方とのこと。不勉強ながら、私はこれまで存じ上げず。

サウンドとしては、ドープなトリップホップからスタート。徐々にトラップに移行していく、、という流れでした。後半はMigosとか、割とメジャーなトラックもかけてましたね。

彼がパリの若手女性ヴォーカリストや様々なラッパーらと組んで、今年の4月にリリースしたのが1stアルバムである「Bisous」。彼のセットの後半は、そのアルバムにも参加している女性ヴォーカリストBonnie Bananeさんも登場。DJプレイからシームレスにライヴに突入しました。

楽曲はゆったりとしたトリップホップって感じっすかね。エレクトロ~R&Bをやっているという、ハスキー声のBananeちゃんも、ゆるーりと揺れながらのパフォーマンス。適度にリズムは打ってますし、とは言え、BPMはゆったり気味で、飲みながら聴くのに本当に気持ちいい感じでした。

二人が組んだ楽曲も入っている1stアルバムの「Bisous」。今度、チェックしてみようと思います。

CHASSOL(シャソール)

つづいては、ローズの単独プレイを聴かせてくれたCHASSOLさんが登場。

会場には、このイベントのために来ている方も多かったんだと思いますが(半分か、それ以上、外国の方でしたね)、ホテルのバーということで、何の気なしに飲みにきている人(←私たちのように・笑)も多かったんだろうと思います。

CHASSOLさんが「静かな曲やるから、静かにしてー」と、私でも理解できる英語で呼びかけを何度もされてたんですが、全然ガヤはおさまらず。「じーざす、くらいすと」というつぶやきと共に演奏開始、、という、ちょっとかわいそうなスタートでした(泣)。

ローズ一本の演奏で、クラシカルとかジャジーとか安易にカテゴライズできない、時に早弾きも織り交ぜながらもアンビエントな雰囲気。、、言葉で伝えんのムズいわー(笑)。端正だけどストリート感もある。という、なかなか無いバランスが心地良く。

CHASSOLさんは「ピアニスト / 作曲家」とのこと。映画音楽も書くし、フェニックスやセバスチャン・テリエなど、私がよく聴いている人たちのライヴ・サポートもやってるそうで。その辺の活動の幅広さ、ジャンルレスな経歴が確かに感じられる演奏でした。

良いものを聴かせてもらいました。

Cézaire (セザール)

最後はDJに戻り、3人目はCézaireさん。 なんと、FKJとレーベル「Roche Musique」を立ち上げた人だそうで。(FKJ、好きなんすよ、俺。、、でも、この方のことは知らんかった。すまん! 泣) 

時間の関係で(っつーか、腹減ってきたんで・爆)、移動しようか、ということになり、最後まで聴けずだったのですが、オーガニックな感じのR&Bから始まり、、という、レーベルのイメージな感じのサウンドで、一番、好み直球でした。時間あったら(笑)もっと聴きたかった。

 

と、3組のプレイを聴かせていただいたのち、この日5件目(爆)の店へ向かった、私たちだったのでした(笑)。

 

今回は飛び込みにもかかわらず、本当に心地よい時間を楽しませてもらいました!

めるしー・ぼくー!

 

まだまだ見れる・聴ける! 今週末は Saison Rouge へ

今週末、まだまだ Saison Rouge は続きます!

 

今回ご紹介したアーティストで言いますと、

Myth Syzer & Bonnie Bananeは10月20日(土)に代官山UNITで。

CHASSOLは10月19日(金)(今日やんけ!・泣)にSHIBUYA WWWで単独。

Cézaireは10月20日(土)に、SOUND MUSEUM VISIONで、Darius、kartellと「Roche Musique」のレーベルナイト・イベント。

と、今週末、彼らのサウンドを聴きにいけるチャンスです!! ご興味のある方はぜひに!!

(偶然知ったイベントなんで、紹介がギリですいません!!・泣)

 

他にも最初に書きましたとおり、音楽だけではなく、映画やダンスのイベントも満載です。

映像でまとめてくださっているので、イベント全体については、こちらをチェックで!!

SAISON ROUGE – WEEK END IN PARIS – TOKYO –
映画だとゴダールとかやるんですねー。アンナ カリーナ、ファンなんです、私(笑)。

 

イベントの公式HPはこちらです!

 

ダイバーシティ(多様性)とサステナビリティ(持続可能性)の2つがコンセプト(←大事・泣。まじ同意)というSaison Rouge。パリの先端的な音楽、映画やダンス、グルメなど、文化やトレンドを、まとめて楽しめる良いイベントだと思います。

お時間のある方はぜひに!!

 

TRUNK(LOUNGE)も良し

今回、完全なる飛び込みでしたが、素晴らしい時間と空間を体験させてくれた、渋谷のホテル、TRUNK(HOTEL)さんのバー、TRUNK(LOUNGE)。

「渋谷の街や人に解放され、どんな目的をもった人にも、居心地よく過ごしてもらえる空間。ここに集う多種多様な人々のいわば、”THIRD PLACE”です。」(公式HPより)とのことですが、まじ居心地良かったです。

今回は、こういったイベントもあり、音楽を楽しむことが中心になりましたが、もっと単純に、ドリンクと雰囲気を楽しみに、またうかがいたいと思います!!

大人のデートにぴったり!!(笑) みなさまもぜひ!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました